気になる「六曜」から自分の原付買取り日を決める!

MENU

気になる「六曜」から自分の原付買取り日を決める!

原付買取

 

 

僕の原付買取ではいつも大安を気にします。

 

「たかが原付買取りくらいで「六曜」を気にするなんて」と良く言われます。

 

ですが、新しく新車バイクを購入したときは必ずお祓いに行っています。

 

今まで、バイク暦は長いのですがその期間の長さのぶん何回も事故を経験してきました。

 

少しも自慢にはなりませんが、その事故のために大切な仕事を失ったり、身体もかなり痛めてきました。

 

これからは、そうならないように両手の皺を合わせてお祓いをしてきます。

 

僕の気にする「六曜」は鎌倉時代末期から室町時代の頃に中国から伝わったとされており、現在では、「先勝」、「友引」、「先負」、「仏滅」、「大安」、「赤口」の順に配されています。

 

別に気にしたからといってなにかか起こるわけではないと思うのですが、でも少しでも気になるのならば知っておいても損になることはありません。

 

世の中には、この「六曜」をとても気にする方がいます。

 

たとえば、婚礼には仏滅を避けて大安が選ばれ、葬式には友引が忌まれるなどでもそうです。

 

ですから、原付買取では大安がとても人気となります。逆に仏滅は人気がありませんのでゆっくり買取りできることがあるかもしれません。

 

●「先勝」(せんしょう)

 

「急がば勝ち」と、何事も早めにに行動することが吉。時間的には、午前中は吉とされています。

 

●「友引」(ともびき)

 

大安についで良いとされている日。友引とうことから大安についで婚礼などでも人気の日。

 

●「先負」(せんぷ)

 

何事も控えめに平静を保つ日。特に午後が大吉とされる。

 

●「仏滅」(ぶつめつ)

 

物滅の音が転じて仏滅になったといわれており万事に凶とされる日。結婚や開店など、新しくことを始めることに不吉として避ける人が多い。だだし教会のクリスチャンならば関係ないので婚礼をおこなう方も少なくない。また最近では日取りを気にしない方も増えている。

 

●「大安」(たいあん)

 

万事によいとされる日。婚礼にはもちろんですがこの日は人気となるので早めに予約が必要となる。

 

●「赤口」(しゃっく)

 

祝い事には大凶とされ、時間的には、正午の時間帯だけが吉とされそれ以外は、凶とされている日。

 

 

原付買取業者から高い査定が出る方法をまとめをしました。

 

1、自分に都合の良い原付買取業者を複数ピックアップする。
2、原付買取業者のホームページから各種割引などをチェックする。
3、いろいろな買取方法から自分の原付の相場を調べておく。
4、複数の原付買取業者と引越し料金の交渉をする。