バイク買取業者の査定を最後でもうひとつアップさせるメンテナンスの大切さって?

MENU

バイク買取業者の査定を最後でもうひとつアップさせるメンテナンスの大切さって?

原付買取で高い査定を出すため方法にはいろいろなことを学ばなければなりません。

 

原付買取を高くするために、バイクの売るタイミングとか、バイククリーニング、そしてバイク買取業者の査定員との交渉も考えてきました。

 

ですが、高い査定が出る基本は自分の乗っているバイクの価値がどれだけあるかです。

 

その価値を高めるために自分のバイクを大事に扱うことは当たり前ですが、大事に使ってきた証拠みたいなものがあれば、最後でさらにアップを狙うことも可能かもしれません。
原付買取の査定では、減点方式で買取金額の数字を出していくのですが、査定員もすべての部分で間違いない査定ができているかどうかは疑問です。

 

もしかして2評価と3評価のどちらを選んでよいのか迷うこともあると思います。

 

そんなときに、今までバイクを使ってきた整備記録があったら高い評価の数字を選択してもらえるのではないでしょうか。

 

でも大型バイクと違って原付バイクではあまりしっかりした整備記録で管理する方は少ないと思います。

 

ですので、定期点検をしたとき、修理をしたとき、そしてメンテナンスをしたときの明細書をしっかりと整理しておきましょう。

 

整理と言いましても大変なことをやるのではなく、これらの明細を重ねてファイルフォルダーの入れておくだけでも良いのではないでしょうか。

 

肝心なことは、バイク買取業者の査定も出て、業者同士の競合もして、ほんとにこれ以上ないといった時の最後の切り札、査定アップをお願いするためにアピールするための材料が必要なわけです。

 

「僕はこんだけ自分のバイクを大事にしてきたんだから」と最後の最後でわずかなアップを狙いましょう。

 

アピールできる材料がないお願いはする意味もありません。