高い査定を考えた原付バイクの毎日の扱い方とは?

MENU

高い査定を考えた原付バイクの毎日の扱い方とは?

原付買取で高い買取り査定を出すためには毎日のバイクの扱い方にも注意することが大事です。

 

たぶん多くの方は原付バイクですので足のような使い方をしている方が多いのではないでしょうか。

 

ですから、原付バイクを使った後は駐車場に置きっぱなしで、雨が降ろうと雪が降ろうとそのままとかです。

 

そのような使い方ですと、当然サビも出てきますし、ベアリング、やチェーンなどの油が切れてきますので原付バイクの消耗が早かったり、見た目も悪くなっていくのではないでしょうか。

 

原付買取で高い査定をだすために一番大切なことは、いかに新車みたいな状態を長くにわたって保てるかです。

 

ですから、少し手間がかかっても直接雨に触れないようにバイク専用シートを掛けたり、雨に当たらない場所に置くようにしましょう。

 

それだけでも数年使っていると原付バイクの外見の部分でかなり違いがあります。

 

バイク買取業者の査定では、「まず外見」というくらいの見た目の評価は思っていたより大きいものです。

 

次に大切なのは原付バイクの中身の部分です。

 

何の手入れもしないで置きっぱなしにしておいたバイクと、手入れをしながら乗らなくても定期的にエンジンをかけてやったバイクとでは数年たったときの調子にかなり違いがでます。

 

バイク買取業者の査定員がバイクエンジンもチェックするのですが、多くのバイクの買取りを経験している方ですので、エンジンをかけるだけで大体の原付バイクの程度がわかってしまうようです。

 

高い査定のために毎日の扱いかに注意して自分の原付バイクを大切にすることは大事です。