原付買取のときに必要な書類

MENU

原付買取のときに必要な書類

原付買取

 

1、当たり前ですが原付バイク本体
改造をしているバイクであれば、ノーマルパーツなども用意しておくとなおいいでしょう。
また新車時に貰ったサブキーも忘れずに準備しましょう。

 

 

2.自賠責保険納入証明書
原付バイクを含むすべての自動車、バイクに「自動車損害賠償責任保険」加入が義務付けられています。この証明書は新車のときの渡されたものです。

 

バイク買取には必ず必要になりますのでしっかり保管が必要です。

 

 

3.車検証等
○125cc以下 ・・・ 標識交付証明書
○250cc以下 ・・・ 軽自動車届済証
○400cc以上 ・・・ 自動車検査証(車検証となります)

 

原付一種、原付二種のどちらにも標識交付証明書が必要です。原付を購入したときに渡されるのですが、買取をするときにも必要となります。

 

あまり気にせずに受け取ることが多いですので、失くすといいますより忘れてしまうことが多いのではないでしょうか。

 

これを失くすと自分のバイクだという証明ができませんので、自分の市区町村の税務課で再発行の手続きをしてください。

 

ちなみに、再発行の手続きには、◎身分証明書(免許書、保険書、住民表など)と◎印鑑が必要になります。

 

どれひとつを忘れても、二度手間になりますので注意してください。

 

 

4.身分証明書
運転免許証、保険証、パスポート、身分証明書は写真入住基カードのいずれかひとつを用意できればOKです。

 

 

万が一、廃車にしている場合は廃車証、譲渡証が必要になりますので事前に書類を取っておきましょう。